FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プラバン研究

pra01.jpg


ブログ更新久しぶりです
ツイッターでちょこちょこつぶやいているのですが、ブログの方がなおざりになってしまいました

最近はもっぱら漫画から離れまして、プラバンにはまっております
幼少期にすでにプラバンに触れている方も多く、懐かしいー!というかんじの人もいますが
私の場合は最近存在を知ったので、感動が半端ではなかったです…毎晩一人部屋でキャッキャしながら作りました
今回はそんなプラバンについて書こうかと思います
私なりの研究結果を書きますので、よろしければこれを御覧になった方もぜひ作ってみてください!

まずはプラバン自体についてですが
種類としては、透明、白色、畜光タイプがあります
100均にも売っていますが、縮小率の問題などからタミヤのプラバンがいいみたいです(ネット情報)
タミヤはプラモデルグッズを売ってるところなら大概売ってます
(※しかし普通の白プラバンは縮まないので、きちんと縮む白プラバンと明記されているものを選ぶこと!)
こんなかんじで縮みます(分かりにくいけど…)↓

pra03.jpg

あと裏技としては市販の白プラバンは除光液で白い塗料がとれて透明になります
塗料がとれにくい面ととれやすい面があるので、ちょっと面倒ですがとれやすい面を探して片面だけ白色をとってつくると裏面も楽しめて、結構いいかんじにつくれますオススメ!

厚さはいろいろありますが、0.2~0.5㎜くらいから自分の好みで選べばいいと思います
こちらは0.4㎜↓

pra02.jpg

私の場合は、仕上がりが厚いのにしたくて最初0.4㎜を使っていて、縦横の縮小率が変わってしまっていましたが、試しに0.2㎜を使ったところあまり縮小率は気にならなくなりました(気のせい?)
あと薄いとかなり切りやすくなって、細かく切りたい人には0.2㎜程度、そのままブローチにするとか厚みを持たせたい人や、ざっくりした形の場合は0.4、0.5㎜程度がよろしいのではないでしょうか

次に描く道具ですが、油性ペン、色鉛筆、クレヨン、アクリル絵の具など意外にいろいろ使えます
あとダーマトグラフやコピックで描いている人もいるようですよ(←試してみたい)

透明なプラバンにやすりで傷をつけてクレヨンで描いたもの↓

pra07.jpg

裏面はちょっとグロい↓

pra08.jpg

※クレヨンをトースターで焼くと溶けるので、本などではさんで平らにするとちょっととれちゃいます
あとにおいも多少気になるところです…

そして油性のスタンプを使って、プラバンにスタンプを押すというのもおすすめ!量産できます
高いけど、大きくて落ちにくいステイズオンがおすすめ↓

pra09.jpg

マッキーを使って描いてます↓

pra04.jpg

裏面に色をつけます↓
写真はガッシュと色鉛筆です(ここで実験的に焼く前にアクリル絵の具を塗りましたが、焼くと変質してしまうので、焼いた後の方がよろしいかと思います…)

pra05.jpg

プラバンに描いたものをハサミでチョキチョキ切って、トースターにぶっこみ、縮んだら取り出して
平らにして完成です
自分なりにいろいろアレンジしたら楽しいよ!図は目玉や裏にキラキラシールはりつけてます↓
(0.4㎜で作ったのですが、縦横の縮小率が違い、短足になりました…)

pra10.jpg

細かいことはプラバンを買えば大抵作り方や注意点が描いてあるので、そちらを参照してください


印刷できるプラバンというのもあるらしく、ネットで購入できるようなので試してみたいです

あとレジンも最近試しているので、またその記事も書こうかなーと思います




スポンサーサイト

テーマ : イラスト
ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : プラバン

プロフィール

カナ尾

Author:カナ尾
イラストとか漫画描いてます
プラバン、レジンもやってます
そんなになぞでもない

カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。